浴室暖房乾燥機1 of 大阪ガスサービスショップ-ライフコア-


title1.jpg

浴室暖房乾燥機 1

bath_girl-p.png

洗濯物は天日で乾かすのが一番だと思うんだけど、雨の日や梅雨時はどうしても
部屋の中で洗濯物を干すしかないので、部屋がじめじめしてすっきりしないのよね。

最近の家は、高気密・高断熱の構造をしているので、お部屋で洗濯物を干すと、洗濯物から水蒸気が出て部屋の湿度が上昇してカビが発生しやすい環境をつくりだすこととなり、カビを好物とするダニの発生にもつながります。

人間の健康や環境を考えるうえで大切なのは、アトピー性皮膚炎や喘息など、アレルギーの原因になるダニ・カビの発生を増長させないことです。ダニ・カビの発生の引き金になるのが「結露」です。結露とは、空気中の水蒸気が冷たい物体の表面で冷やされて水に変わることです。窓の表面などで見られるような、目に見える箇所に起こる「表面結露」と、壁の中などの目に見えない箇所に起こる「内部結露」(壁内結露)とがあります。

表面結露は、簡単に結露する反面、乾かしたり拭き取ることもできるのですが、壁内結露は乾きにくく、拭き取ることもできずに長い期間そこに留まってしまいます。これが結果としてダニ・カビの増殖を促してしまっています。だから、部屋のなかには洗濯物を干さないようにしたいところです。

一方、洗濯物は天日干しが一番良いと思われがちですが、実は外に干すと排気ガスや花粉などが洗濯物に付着し、花粉症やアレルギーの原因になる場合があると最近いわれています。浴室ならば、花粉・排気ガスが入ってくる心配はなく、また浴室内は防水加工が施されており、水蒸気を屋内に充満させず屋外に出す構造となっているので、洗濯物を干すのに最適な空間です。

bath01_p01.gif

カワックなら!

さらに、浴室に浴室暖房乾燥機「カワック」を取り付けることで、洗濯物から発生する水滴を「乾燥」機能で一気に気化し、「換気」機能で強制的に屋外に排出します。浴室は結露によるカビの発生もなく清潔に保たれ、お部屋のカビ・ダニの心配もありません。

家庭用ガス温水床暖房契約 「ほっと料金」

ガス温水床暖房に加え、ガス温水浴室暖房乾燥機をお使いの場合、家中のガス代がぐ~んとお得になります!!